・心シェアコラムTOP / ・Blog TOP / ・セルフメソッド 

いきなりの「最高の答え探し」はするな


最高の「自分探し」とか「答え探し」をしている人をたまに見かけるが、成果を安定的に出す人は、そんな時間を浪費し、墓穴を掘る手順は絶対にしない。


そう…。いきなりの「最高の答え」を求めようとする行動や思考は、典型的な「負のスパイラル地獄行き」のチケットを手にするのと同じだ。


そんなことをしていても、満足行く答えなど見つかるはずは無いし、何処まで行っても、常に「まだ他に良い答えがあるかも知れない」と「青い鳥症候群の世界」に迷い込む。


人間は、善しに付け悪しきに付け、環境に順応してしまう。


怠惰な生活に甘んじ浸れば、どこまでも切りがなく底無し沼に堕ちて行くし、変化への「チャレンジな生活」にも、ある種の変化に伴う精神的な痛みも、不思議といつの間にか自然に消滅していく。



そして、こう思う。「なんだ…、もっと大変かと思ったが、こんな程度だったのか。だったらもっと早く取り組んでおけば良かった。」



成果を出す人々は、それまでの自らの度重なる多くの失敗体験から、何が最も成果を生み出すかを知っている。


つまり、例え今、最高の場や答えなど見つからなくても、力などまだ充分に養われていなくても、先ずは今ある要素から始め、動きながら掴むさまざまな要素やコツを「成果を出すための最低条件、必要環境」に転換し、そういう環境に自らの身をそこに置く。


そしてそれに応じて、次第に成果は勝手にやってくる。自分の力量も自然に備わって来るということ。成果を出す人はこれを体験的に分っている。最低限の小さなステップがスタート出来れば、動きながらのほうが格段に得られる事が多いということを知っている。


そして「最高の場」「最高の答え」なんて、どこまでいっても「無い」ということも…。技術や知恵が付けば、もっと先が観えてくるからだ。


反対に、成果をいつも出せない人、出そうとしない人は、全くこの逆をやる傾向にあるように思う。


「あれがないと出来ない」、「これがないから無理」。「まだ自分には早い」、「こんな力量では迷惑をかけてしまうから」と…。だからいつまで経っても机上の空論ばかりで「無知」のままだ。


いかにして成果を出さないことへの「正当な理由が自分にある」か、そのことを見付け出す為に必死に考える。一体、こんなことを一生懸命に考え出したところで、自分を成長させる何の為になるというのだろう。


中には、成果を出す環境がようやく整う時、本来は喜ぶはずが、「環境が整ってくることが怖い」と逃げてしまう人もいる。長年、苦労してその環境作りを整備して来たのにだ…。


これは、力量がともかくというより、その潜在的な心理状態に大きな問題が隠れている。本当にやりたいことのゴールは、多分他にある。「何か」をやらずに済む理由がだ。だからいつも物事の実現から逃げることを考える。


幼少期から今までの人生体験で、周りの人間や、家族、親、兄弟、先生、友人、知人等からの言動で、「自分は成果を出せない人間」なのだという潜在的な「刷り込み」をしてしまったために、いざ、成果を挙げられる環境を目の前にすると、無意識に違和感を感じてしまう。そして、常に「成果を出せない場」に戻ろうとする。そうすることで、心のどこかで無意識に安堵する。


或いは、人からの「愛」が充分に満たされないままに、今までの人生を過ごしてしまい、心の飢餓感から、「私の存在を認め注目していて欲しい!」という気持ちが、屈折した形で無意識に出てしまっているのかも知れない。失敗し、不幸や挫折を演じることで、関心や同情を求めるようになる。


いずれにしてもこういった場合は、何度も何度も繰り返し「能力は備わり、成功してもいいんだよ」、「既に成果をいつも出している人間なのだ」という新しい刷り込みを、自分の潜在的な領域にメンタルトレーニングし、浸透させる必要がある。


実はこれらは英単語を覚えるのと同じ要領で考えてみると良い。何度も反復練習し、成果を出している具体的なリアルイメージを紙や写真、絵を書くといった世界から、脳に刷り込みを何度も入れる。人間の脳は7〜8回以上同じ事を学習しないと長期的に定着しない。


そうすると、潜在的な領域に新しい自分像イメージがインプットされる。脳は何度も刷り込みされると、長期記憶領域に新しいイメージを取り込むため、自然に自分へのイメージや価値観も変化していく。折を見て、そのジャンルの専門書籍や専門家から学ぶとよい。


特に、こうした「成果を出そうとしない人」ほど、いきなりの「理想的な答え探し」をする傾向があるので、先ずは、紙の上で良いので、今の自分の力量、環境で、小さな成果を出せる実現場での最低必要条件は何かを考え、整理整頓して書き出してみよう。


成果を出す為に必要な「最低条件の環境」がわからなければ、やってはいけないと分っている、惰性で行って来てしまった日常生活上での事、自分の足を引っ張っている悪習慣、心を痛める要因となっている考え方、ネガティブ行動や言葉。


こうした言動を全て書き出し、そのいくつかに「自分は影響されない人間である」と決め、先ずはリアルにイメージできるところからスタートしよう。鏡を見る度にそのイメージで自分を見詰め、そのイメージを言葉にし、自分に語りかける。「私は◯◯という人間だ…。」日々意識しているだけでも、随分と自分を変えられる。



先ずは、「その環境に自らの身を置く」。場を好転させるのは、こんなシンプルなことからで良い。


そして、その環境に心の順応が始まった瞬間に、それまでの「負のスパイラルの連鎖」から、いつのまにかあなたは自然に抜け出していくことに次第に気付くはずだ。


成果を出す環境に自らの身を置き、その漂う日常の気質を楽しみ、それまでの人間とは明らかに異なる、そこに集う人々や彼等がもたらす情報が、あなたが長年求め続けて来た答えへの扉を開いていく。


先ずは、出せない答え探しより、「成果が出せる環境」を整えることにこそ、最大のフォーカスをしよう。


「最高の答え探し」などは、成果を出せる人間の思考パターンを自分が会得し、人としての総合的な力量が付いてからでよい。


成果を安定的に出せる人に少しでも近付きたいと憧れているなら、良いと感じる事は、「天からの導き」だと考え、迅速に自分の人生枠に取り込んでみよう。


先送りなどしているうちは成果など出せる訳がない。「時間がない?」そんなことは何かと併用しながらすれば良い。そんなことを簡単に口にするのはまだ真剣味や工夫が足りないし、自分を変えるには、「今までと同じ事」をやっていても、今と同じだ。変化への多少の痛みは犠牲にする。その覚悟が必要だ。

そして最も重要なことは
「迅速に行動する」ことだ。


それでも、何も行動をしない事を選ぶとするなら、多くを求めないように生きることを覚悟すること。そんな弱いところからでも、「小さな始めの一歩」の世界は必ず存在する。人と比べないこと。あなたはあなたの世界で生きることにフォーカスすること。


ささやかで小さく生きる世界にも、
楽しめる人生要素はある。


どんな人でも、自分の価値感、あなたならではの「人生の立ち位置」を見出す技術を一人でも学べる方法がここにあります。
http://wkwk.1siawase.com/index.php?powerful-happiness1.1-ld

・心シェアコラムTOP / ・Blog TOP / ・セルフメソッド