・無料PDF(電子文書 153ページ)

powerful-hap445-276.jpg

※「自分自身の嫌な部分」を
根本から書き換える
お薦めの一人セラピーです。

powerful-happy572-451.jpg


一歩も前に進まないときの対処法 




悩みや問題発生で、ものごとが一歩も前に進まないときは、
まずは、当面の<向かい合う対象>を、
さらにいくつか小さな対象に
分けられることが出来ないかどうか、考えてみましょう。


ある生き方の中で「八方塞がり」と思うことでも
案外、こうした視点でものごとを捉え直してみると、
突破口へのヒントや解決への糸口が見つかるものです。


小さくする対象は10前後のテーマに小分けし、
取り組む優先順を考えてみるとよいと思います。


A4サイズくらいの用紙に、
悩み、問題のテーマとして今置かれている状況を
第三者になったつもりで客観的に出せるだけ簡潔に書き出し、
その中で、優先度、重要度は高いが、
比較的取り組みやすいものを、
さらにテーマとして10くらいに細分化してみる。


その中に、悩みや問題を解決できる
<急所ポイント>を見つけられないかをじっくり探ります。


解決策や改善ポイントを考え、
さらにその一点に全精力を集中して注ぎ込み、
「分厚い壁」に<穴>を開ける感覚で考えるのです。


この繰り返しで、大体の「壁の突破口」を
見つけるコツがわかってきます。



何も浮かばない時は、一旦ペンを置き、
静かに心を保てるように、ヒーリング音楽やお茶を飲み、
休憩を入れます。




そして次のように心の中でつぶやきます。
「魂が最も喜ぶ現状問題解決方法を教えて下さい」


大体はその日のうちに、
遅くとも1ヶ月の内には答えが見つかるはずです。



要は「小さな対象」から、ものごとは始める、
ということ。



取りかかりは、なるべくやり易い手順を考えると、
ものごとへの行動が早く、段取りが上手になっていきます。