・心シェアコラムTOP / ・Blog TOP / ・セルフメソッド /

最もコストが高いもの

人生を中途半端にせず、確実に仕上げるには、初めにきちんと「年間実現させる設計図」を描いておくこと。これは皆、耳では聞いていても、自分の人生のこととなると、案外やっていない。


本当は、その気を出せば、充分にやれる力があるのに、「後にしよう…」と「先送り」ばかりしている生き方に慣れてしまうと、突然のある日、物凄い経済コストや労力の「強烈な返礼エネルギー」を容赦なく浴びることになります。それまでの怠惰な姿勢への”しっぺ返し”。



つまり「怠惰」こそが、最もお金と労力、時間を強烈に奪い取る正体だと、この時、初めて気付くのです。自然の摂理は寸分も容赦が無い。


努力をコツコツしたものには、その「成果」を、怠惰を優先させたものにはその「償い」をさせる。


誰もが分かっているのに一部の者しか実践できないのは、人間の本性は元々が「怠惰に流れやすい」ようにできているから。


自分の生き様中心軸が、きちんと備わっていないものは、ちょっとしたことでも、簡単にブレてしまう。


「目先の楽」は後の「苦しみ」。「今の苦しみ」は「後の楽」。自分の命を使う方向や自分の命の特性がきちんと見えていれば、この「努力の世界」の苦しさそのものも、大きな視点で捉えると実は「楽しみの一つ」だと納得がいく。


目標へと進む必要な努力を「苦しみ」としてしか捉えられないのなら、「覚悟へのエネルギー」、「生き方の軸」の【質】そのものが問われている証拠だと言えます。


自分の生き方、命の使う方向をきちんと見出して、今年一年を実りある年にしよう。

・心シェアコラムTOP / ・Blog TOP / ・セルフメソッド /