・心シェアコラムTOP / ・Blog TOP / ・セルフメソッド /

素人からプロフェッショナルへのワープ法


もしあなたが、何かワクワクするようなこと、大好きな事が見付かり、それを一生涯のライフワークに育てていきたい、出来ればその道の「第一人者」として、活躍していきたいと目標を持っているなら、是非次のことを頭の隅にしっかり意識し、これから始まる道のりを歩んで下さい。


スタートは、「現時点でのダメな自分」を受け入れることからです。ものごとを始める場合、最初からの「プロ」はいない。誰もが、スタートは「現時点での非力な自分」です。

例えば、あなたが本当は意思が弱いのに、「意志の強い人間」しか出来ないような強行スケジュールでものごとの計画案を立てても、3日で続かなくなる。

「意思の強い人間」はあなたの理想状態なのに、現実のものとして混同してしまっている。

「現在地」のポジショニングを間違えると、ゴールにたどり着けません。

「夢」と「現実」をしっかり見ることは一つのセット。

二つ目は、「一つずつ出来ることを増やしていく」。最初は、みんな出来ないことばかり。「あれ」も「これ」も出来ないことだらけです。

ではスタートがいつまで経っても出来ないのか…。というと、そうでは無い。


「出来ない今の自分」から、
「何が出来るのか」を考える。

・お金が無い

・ITが分からない

・専門的な知識がない

・スキル(技術)がない

・人脈がない


無い処から始める
綿密な計画を考えよう。


お金が無くても、無料で始められることは沢山ある。ITが苦手なら、手順を一つ一つコツコツ学ぼう。知っている人に聞こう。入門書を買って、一人でも「独学する」位の強い自立心と自覚を持とう。


三つめは「慣らしていく」。


「出来ない」と思い込んでいるのはあなたです。せっかく素晴らしい感性や能力を備えているのに、この「出来ない」という思い込みの蓋のために、豊かな能力が発揮できないまま、人生をつまらないものにして生きている人はきっと多い。


ひとつずつ出来ることを増やしていこう。そして、段々と自分の苦手意識、ないものねだりから起こる「出来ない感覚」を「きっと出来る」へ慣らしていこう。


一度で”ステージ”は一気にはUPされない。一気にステージが上がるそんなインスタント的な世界は長期安定的に通用はしない。段々と、一つ一つを出来るようにコツコツ積み上げること。地力を付けること。時間と学び、作業労力、経験知数の熟成が必要だ。


四つ目は「トライ&エラー」。
これをコツコツと繰り返すこと。



よく、「これ」や「あれ」が無いと始められない…、といい、いつまでも実践しない人がいるが、現実の世界で通用するノウハウや技術の多くは、実践の体験の中で見つかるものの方が圧倒的に多い。


だから、なるべく早い時期に「今の非力なあなた」のレベルで行動に移し、小さな失敗を人よりもうんと沢山経験すること。そういう体験をすることで、それが貴重な成功ノウハウになる。


世の中はいつも生身の人間と同じで「生きている」。時代や価値感は常に生きて、川の流れのように流れている。


机上の上だけで考え、いくら準備しても、半年経つと、それは既に陳腐化していることなどはいくらでもある。


だからこそ、いつも現役で現場を知らなければ本当の意味でプロフェッショナルとして活躍することは難しくなる。


現実の日常に生きている人間に触れることを恐れていては、生きたノウハウや技術などは生み出せない。実践の世界に早く飛び込むことです。そうすると、「やるべきこと」が観えて来る。


五つ目は、一旦決めたのなら
「そこ」から安易に逃げない。

どんなことに取り組んでも、必ず壁や難問は来る。その解決方法が分からない、自分にはその能力が無いと簡単に判断し、それを乗り越える手段を考え、じっくり研究することを逃げ、諦めていては、また最初の「初心者、一年生」に戻るだけであり、また再びのド素人、ゼロからのスタートです。


不安や課題はいつまでも相変わらず、負のスパイラル、負の連鎖からは、きっといつまでも抜け出すことさえ出来ない。


こんなことをいつも繰り返していても人生時間の無駄であり、あなたの社会での存在価値はどんどん下がるばかりです。


問題解決の能力も備わらず、その解決への実現も出来ないままです。そして結果的にコストも時間も労力も余計にかかる。そして「貧困」と「問題」が常に付きまとって来る。


結果そんな自分が嫌いになります。

自分を信頼せず愛することが出来なくなれば、人に優しくなることも、愛することも難しくなる。


そうすれば人から信頼されることが出来なくなり、やがて人や社会から孤立します。


もしいつも安易にこんなことを繰り返すなら「我慢する能力キャパシティー」の”自己容器”をあなた自身で拡大しなければならない。

それには、ある程度の「痛み」が伴う。痛み、苦痛は能力向上との重要な引き換え条件です。


良い師匠について、「痛み」を感じながらも無意識に出来るようになるまで身体で覚え込む。そうしてこそ本物の能力が広がる。それが本来の【学・ガク】という世界です。


能力が広がると「楽しくなる」。楽しくなると自分自身を信頼し好きになる。


そうすると「魅力的」になり、好きな世界でプロとして活躍するチャンスが沢山生まれます。


1、「現時点でのダメな自分」からの<理想と現実>で考える

2、「一つずつ出来ることを増やしていく」

3、「慣らしていく」

4、「トライ&エラー」

5、「そこ」から安易に逃げない。


この5つは見る人から見れば、平凡で当たり前の世界でしょうが、この「平凡」な世界をコツコツと「非凡」に継続する。つまり【凡事徹底】です。


どこを切っても「キンタロー飴」みたいにこの5つが見えるように人生軸にし、毎日を生きる。



あなたが今現在、どんな平凡な凡人であろうとも、そうすることでいつか必ずあなたの「大好きな世界」で活躍するチャンスへの扉が大きく開くはずです。



カネが無いなら、労力で補う。シャイな性格なら一人ずつじっくり仲良くなる。知恵が無いなら、体験知でコツコツ学ぶ。自信が無いなら、実践でたくさんのテストをする。


人生に良い結果を生み出し、安定的に欲しいのであれば、こうした結果を導き出す「前提行動」を真摯に行うしかない。


ものごとを始める前に、「前提」が間違っていたら何も始まらない。これさえ行わず、怠惰に日々を過ごし、良い結果や「果実」だけ求めているなら、厳しいことを言うようだが、それは人生をなめている。


そんな怠惰に生きる人間に「自己実現」が出来るはずがない。


是非この5つの「前提」をじっくりと考え、頭の底辺部に意識し、あなたらしさが実現させられる人生計画を立て、コツコツと継続実践をしてください。

・心シェアコラムTOP / ・Blog TOP / ・セルフメソッド /