「得手不得手を見極める」

・Blog TOP / ・セルフメソッド /

34-176_1.jpg

何かをずっとやり続け、残念ながらそれでも
結果が付いて来ないことは多々ある。

今回は、そのまま進んでいいのか?という話。


これまで一つのことをコツコツと続ける事が大切だと
何度も言って来た。


勿論、この考えそのものは否定しない。でも、やるべき手立ては全て行い、それでも現実としてなかなか結果が出て来ないのなら、本当に今のこの道で行くべきなのかを、根本的に考えてみようということについて話を進めてみようと思う。


しかし、その前に、何故結果が出ていないのか。
これを今一度、しっかり、客観的に感情を入れないで
捉えてみる必要がある。


紙の上に一つ一つじっくりと書き出してみる。
つまり…俯瞰(ふかん)する。


要は、「得手、不得手を見極める」ということ。


長きに渡って結果が悪いなら、そういう結果になっている原因が必ずある。
それがもし、望んでいないものなら、大きく目標と外れているものならば、
そのズレを引き起こしている「根っこ」の存在を確認する必要がある。


それが「得手」なのか「不得手」なのかは、これからその未来図を
描いていく上では、かなり重要なポイントになると思う。
何故なら、おおよそ、それが「不得手」の世界なら”逆風の中を
進むが如し”のような状態になるからだ。感覚的に。


でも、「得手」「不得手」は、物事が成就出来る為の
絶対条件ではない。だから「不得手」でもいいんだけれど、
でも、それが「生理的にしっくり合わない」のであれば、
本当にその道でいいのか、ということだ。


そのまま行ってしまって、本当に幸せな人生になるのか…
ということ。後で、出来なかったとき、
「実は俺、それ不得手なんだよね」って、言い訳しないこと。


”それ”を選ぶ以上は、中途半端に取り組むことは許されない。
自分以外の人をも巻き込むからだ。だからこそ、
「最初の根源ポイント」の確認は重要だということ。


そこさえ確認さえ出来れば、「ああ、この根っこだから、
こういう風に葉っぱやこんな花が咲いてくるよな」と
未来図を描く道筋の予測が着く。


最悪なのは、そのまま何も決めないで「放置」すること。
「現実」をスルーし、そして「他人依存」にどっぷり浸かり
無責任に生きる。


或いは意固地になってただただ、一つのものに盲目的にこだわり、
周りや時の流れ、社会の価値観の変化に鈍感過ぎること。
「成功者のモデル」だからと言って、いつまでもその型を
盲信、過信する。


人間のやることはいつも不完全が付きまとうものなんだという
「現状」に疑いを持つ。

「不完全さ」。
自分が自信を持っていることでも、どこかに不完全さはある。
それが人間の本質だから。


信用する事は大切ではあるけれど、でも過信し過ぎないようにする。


念には念を入れての「養生」という感覚に近い。


①「横並び」
②「先送り」
③「教訓忘却(現状に流され、過去の教訓を安直に忘れる)」

これは日本人の最も悪い特徴だといわれているポイントだけれど、
こうしたものが極端になっている時は特に要注意だ。
ほとんどがまずい方向に進むシグナルだ。

(原発再稼働なんて…。二回も被爆している国なんて、世界を
見渡しても日本だけなのに、もう忘れようととしている。
これが今の日本人の感性なんだという現実…。きっともう一度
凄いことが起きるかも知れない。)


大きく物事を捉えてみる、「俯瞰・フカン」という視点。
自分を客観的に観る事を常に意識し習慣化する。



お正月でのテレビではこれでもか!というくらい、
お笑いの番組が組まれているけれど、例えば芸人さんで例えれば、
「滑りまくり」で売れないとか、「一発芸人」とかいう人達。


受けていないにもかかわらず、いつまでも同じワンパターンの
「芸」に頼り、それを繰り返している。


「滑りまくり」なら、無理して受けようとしないで、
「多分滑ると思います~」と、最初から逆説的に宣言し、
滑ったら、「またやっちゃったね~」と言ってた方が、
特徴がはっきり出て、軸が生まれやすい。


自分の「得意」を最大限活かす。
その為には自己分析が必要になる。


「賞味期限」があるうちに、次の準備を仕込み、小さく実験を繰り
返し反応を見ながら、新たな「定番化」のネタとして備えて行く。


でも、こうしたコツコツを軽視し、本来はこの準備、研究、
学習に充てるべきなのに、いたずらに時間や金を無駄に浪費し、
欲望を満たすだけの刹那的な一瞬の快楽への瞬間に、
多くのエネルギーを消耗させてしまう。


たまには良いけれど、極端にこうした世界に偏るのは、
「ぬるま湯のカエル」みたいに知らず知らずに致命傷を
負うんだよね。自制していないと。


欲望快楽を強く刺激するので、一種の依存症や麻薬みたいで、
どこまで行っても、もっと強い刺激を求める底無し沼になっちゃう。

同じ人間のする事だから、基本的にどんな業種の人にも当てはまる
事だと思うけれど、「怠惰の世界」はどれだけドップリ浸っても
絶対にそのレベルでは満足しなくなってしまう性質がある。
だから怖い。


そして「衰退」は確実にやってくるんだよね。…確実に。


原因:
1・そのテーマそのものが陳腐化し時流に合っていないか致命的な欠陥がある

2・最初から成功のモデルから外れ、法則性を無視した”自己流”
で行っている

3・本質的な部分を軽視し、直ぐに陳腐化する流行や表面的な
世界を中心軸に動いてしまっている

4・取り組んでいるそれそのものが、そもそも好きではなかったり、
大して興味もなく、或いは生理的に受け付けないで我慢して
やっている。

5・能力として本質的に苦手な分野である

6・対象とするターゲット層の選定が間違っている

物事の進捗がずっと長期に渡り停滞してるな…と感じているなら、
一度、こうした要因について自己分析をしてみるといい。


基本的に、”それ”そのものに好きだという情感と、好きを越えた
「大きい価値観」の2つを持っていないと、情熱を込めて取り組み
続けることなんか出来ない。

人によって、戦略や方針等、大局的に物事の動きを的確に捉えるの
が得意な人もいれば、逆に細やかことには不得手な場合もある。
この逆もそう。

一つの事を職人的にコツコツと技術を極めて行く事に強い生きがい
を感じるなら、多くの人と接し、営業をするのは苦手意識があるか
も知れない。

ブレインワークが得意な人もいれば、アクションが得意な人もいる。

底上げを視点に置く場合なら、全体を知る意味でいろんな現場を学
んでおくのは重要だけれど、要は、自分自身がどこを勝負の中心軸
に置いて活動をしていくのか。


ゼロか百かの極論で捉えたら駄目だけれど、本来の自分の得手不得
手について日頃からしっかりと自己分析して、どの「土俵」で人生
の本割り勝負をするのかについて考えておくのは、今後生きていく
上で、精神の拠り所としてはかなり大きな価値があるはず。


苦手な分野を埋め、克服しようとするのもいいけれど、
それはどうしも「must」になってしまう。


つまり「楽しみ」という世界が遠のき、常に「苦悩」が付きまとう。


「~しなければならない」の延長上には、そこに大きな精神の拠り
所である【志し】という生きがいの大黒柱がドオ~ンと備わってい
ない限り、常に「苦悩」との闘いになってしまうから。


そういう意味でも、あなたが長きに渡り自分の本来の力が発揮出来
ずに低迷していると感じている人ならば、もし、より幸せを感じる
結果を求めるのなら、「本能的に得意なこと」を活動の中心軸に置
いて、仕事の仕組みや人生の展開を今一度見直してみることを提案
します。


今年も良い一年になりますように…。

・Blog TOP / ・セルフメソッド /