魔法?の葉っぱ

最近、といってもここ一年位だが、
ある「葉っぱ」に興味を持った。

一年で家の二階にも届く勢いで成長し、
今まで沢山のからだにイイという食品に
出会ったけれど、コイツはちょっと半端ない
と感じている。

とにかく、ミネラル、ビタミンの含有量が
今まで見たこと無いくらい多種多様に含まれている。

いろいろ調べると、エジプトの壁画や、
4千年もの昔のアーユルヴェーダの薬草文献にも
上質な薬草として登場するらしい。

既に九州にも栽培を始めている人がいるようだが、
これがその実物の若木。

画像の説明

学術名は「モリンガ オレイフェラ」
噛むと白わさびのような、少し辛い味がある。
90種以上もの栄養素を含み、カルシウムは牛乳の
20倍、ビタミンAは柿の40倍…。

豊富な栄養素と葉緑素が取れるので、野菜摂取量の
少ない人にはいいかも。

既にアメリカ等ではビジネスカラーを強く出し、
「マルチプラン」で展開する企業もいくつかある。

日本では広島大学が研究に積極的のようだ。
栽培が比較的簡単で、地域起こしにも注目。
島原地域でいくつかの事業家が栽培を始めている。

WAKUはビジネスがらみはいろいろと面倒なので、
海外の栽培事業者から直接航空便でまとめて大袋で
購入している。

航空配送費を加味しても、日本で購入するより
五分の一くらいで済み、はるかにお値打ちだった。

三ヶ月くらい続けると、体の毒素が出る際の
いろいろな反応が生じることがあるが、
疲れが取れてとても調子がいいです。