「心の立て直し」を,セルフファシリテーション、一人ヒーリングセラピーで支援する「わく事務所」です。

HOMEへ戻る

心の立て直し
「自己変革」メソッド
一人ヒーリング・セラピー
〜バージョン2〜

powerful-hap445-276.jpg

powerful-happy572-451.jpg


初めまして。このサイトの管理人、
わく事務所 代表
和久宗鈴(わくそうりん)と申します。


あなたがもし、自分に
「不信感」を持っているなら、
多分、あなたはその「嫌な自分」を来年も…、
そして5年後も持ち続けてしまうと思います。

そんな生き方は本当に「不幸」です。

「嫌な自分」を変えられないのは、
自己変革へのあるたった一つの
「自己アプローチへの仕方」

「知っている」か「知らないか」だけの差です。

決して「あなたの能力の差」
などでは無いのです。

学校や病院、心理専門家のところでは決して教えてくれない、
そのセルフメソッドの具体的方法を、是非、入手して下さい。

多分これからの人生で、ずっと一生使える
「大きな知識財産」になると思います。


あなたに無料配布させて頂くこの教材の内容は、脳機能学、認知心理学、加速学習、セルフコーチングメソッド、日本人の脳特性に特化した問題解決思考法、アファメーションメソッド等の内容が網羅されています。

そして、東洋の禅(Zen)哲学、伝承医学メソッド等の長所をそれぞれ取り込み、5年間での数々のクライアント実施テストを、多くの失敗を重ねつつも、結果が出るまで何度も何度も微調整を繰り返し、「自己変革セルフメソッド」として体系化させてきたプログラムの一部です。



私達の脳は、馴染みのない「新しいこと」を学ぶ際、「心の痛み」を感じることがあります。つまり、今、学ぶのは「ちょっと嫌だな…」という感情が湧きます。つまり「変化を嫌う」んです。


これは本当は、今、学んでおく方が絶対に有利なんだけれど、心の「免疫反応」のせいで、「今の自分を変えるのは嫌だ!」という脳の司令が自然に起こるせいです。

でもこれは生命維持の自然な反応です。なので…、本当は今の生き方を変えるほうが、将来的にはとても有利な展開になることが頭では分かっていても、今の現状を変えることは「簡単ではない」ということです。


特に日本人の脳の特性は、欧米人のように「合理性」「機能性」重視を最優先にしたモノサシで「物事の成果」を計ることには、本質的に違和感を覚える特性を持つことがあります。


詳しくは今回のレポートに詳しく紹介させて頂いてあるのですが、特に日本人の脳特性の特殊性に特化した説明を理解することで、何故、今まであなたが自分自身を自己変革出来なかったのかが、「ストン!」と腹の底に落ちるかのように理解出来ると思います。


あなたは本当のご自分の素晴らしい価値を発掘する技術を手にする可能性が広がるはずです。

実は、このレポートは「入口」です。

私事ですが…。最近、関西の著名大学で教鞭を執り、人工知能分野、情報工学分野等、つまり「脳の学習分野」で博士号を持つ学習理論研究の研究チームとのご縁がありました。


このレポートを申し込んでいただいた方には、実際に今現在(2018年8月)、彼らが開発し、一つの講座コンテンツで20万以上の価格で販売がされている、人生を変える為のアクティブラーニング系(つまり、これまで自分自身で馴染みの無い分野でも、ストレスなく楽しく、かつ積極的に学習してイケてしまう脳の仕組みを変える学習システム)、自己啓発系の最新音声講座の一部も(一部といってもかなりの数のコンテンツがあります。)、新しいサイト準備が整い次第、あなたに随時お届けしようと考えています。


特にこれらの講座の中でお薦めなのは、「FILM理論」という、西洋的な脳科学世界と、東洋のZEN(禅)の哲学的な世界観との融合を試みた日本人の独特な脳特性に馴染みのあるセルフワーク法です。


シンプルにまとめられたオリジナルのワークシートが開発されていて、1週間に一度、このシートに記入していくだけで、半年もすれば、今まで気が付かなかった一つ上の世界観、次元視点で、いろいろな出来事、物事現象の根本部分が洞察出来るようになれます。FILM理論に限らず、その他の学習メソッドも、実際にこの大学との共同研究も現在進行中とのこと。


また、これらのコンテンツを使える契約も完了していますので、今後、可能な限り、あなたにご紹介していく予定です。そういう意味での「入口」なのです。


何故、このような教材内容を、わざわざよりによって「無料で公開するのか?」と、多分、あなたは疑問に感じられたかも知れません。

勿論、これを公開するのはあるテストを兼ねている意味もあるのですが、最も大きな理由の一つには、余りにも多くの人が、今後の人生を考える際、「心を苦悩させている」というのを年々強く実感しているからです。

わく事務所のサイトに訪問して下さる方々が読むコンテンツページタイトルをリサーチすると、それらの人が持つ苦悩キー・ワードの割合が分かるのです。

今のご自分の苦悩が、似たようなステージで苦しむ人々への「人生好転」「癒し」の世界に役立て、繋げられるということが分かれば、また、今とは違う未来への希望や目標を生み出す可能性も大きく広がるはずです。

ですから、これまでのサイトにアップしてきた反応の高いコンテンツを分析し、これらの内容を改善に導ける学習ツール内容のPDFとして、先ずは「入口」として無料で配布することにしたのです。

このPDFレポートは、相当に濃いセルフワーク内容が含まれている為、中には「こんな内容は自分には出来そうもない」と感じられる方もおられると思います。

でも、それでも良いのです。「へー、こんな世界もあるんだ…」と、ざっくりと読んでくれるくらいで丁度いいと考えています。それくらい、気楽に読んでいただければ良いのです。何度も繰り返してしまって恐縮ですが、このレポートはこれからのあなたを自己変革に導く「入口」だからです。

お釈迦様は縁がつながることを「縁起」と表現されましたが、そうなのです、あなたと和久との「縁起」が、このレポートで始まることが、一番の大切な事と感じているのです。

勿論、このレポートは、本当に一生懸命に書いたので、少しでも内容を熟読し、実践して頂けたら、こんなに嬉しいことはありませんが…。


◎いくつかの感想を戴いております。


このセルフメソッドには、
次のような内容が含まれています。

◎第一章
*過去の執着、囚われをリセットする 
*物事が実現する場合の時間的概念の流れ 
*社会や他人からの「仕掛け」を見破り対抗する認識技術 
*「上手くいかない」行動メカニズム 
*「あなたの価値」を決めている要素 

*何故自分を変えられないのか 
*ホメオスタシスという心の免役機能
*成長を妨げる「自己意識盲点」  
*見えない「無意識領域価値」を炙り出し「見える化する」技術
*その不幸は本当に不幸か…「不幸の原因」 

◎第二章
*他人と比べる尺度を捨てる 
*過去の自分と比べる尺度を捨てる 
*過去ではなく「未来因果」に働きかける 
*自分の特性・価値を見出す
*本当の「なりたい自分」になる決意をする
*「内面的自己価値」を書き換える 

*何故「臨場感」が必要か
*優位五感チャンネルを見付ける
*「成功」「失敗」「成功」をセットで考える
*経済弱者が目指す経済力への自立
*弱者だからこそ注目すべきパーソナル経済環境構築スタイル
*他人や社会の常識に囚われない 

◎第三章
*生きがい&パーソナルビジネスへの創出準備
*「圧倒的幸福実現」の為のアファメーション・メソッド
*古い自己イメージを破壊するセルフワーク 
*成功を邪魔する無意識領域の選択&決断 
*心理的盲点の克服 

*セルフトーク観察 
*「自己変革」8原則&実践ワークプロセス 
*ゴールへの実現力を飛躍的に高める重要3要素とは  
*アファメーションの実践的な作成ルール 
*その「行動の動機」は正しいものであるか?
*信念を持って行動する

その他…

近い将来、有料で使う教材内容と重複する可能性がある内容ですので、ある一定数を持って、このページをクローズする予定です。


どうかお早めに入手されることをお奨めします。

(突然、予告無しにこのページをクローズすることが御座いますので、その節はどうかご容赦下さい。)

(幾つかの簡単な項目を入力し、お申込みしていただくと、自動返信でダウンロード用のURLをご案内いたします。)

※なお、PDFコンテンツをダウンロードまたは、お読み戴くには、
PDFリーディング専用の無料ソフトが必要になることが御座います。

お持ちの端末機種に即した無料ソフトをインストールした後に、
お読みいただくことをお勧め致します。

こちらではサポートサービスは致しておりませんので、
詳細は「PDF閲覧無料ソフト」等、
グーグル、ヤフー等で検索下さい。

※もしどうしてもこのPDFレポートのダウンロードが上手く行かない場合、
power-happy◎(◎を半角英数字の@に変えて下さい。)1siawase.com
まで直接「powerful_happiness_method レポートダウンロードURL希望」と、メールでお知らせ下さい。最新のレポートをダウンロード出来るURLをお知らせ致します。










a:75 t:1 y:0

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

------------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------------- *