小心者でも第一人者で活躍する「コンセプトブランディング」 –  心の立て直し ライフレッスン ブログ – 心の立て直し セルフファシリテーション わく事務所 

小心者でも第一人者で活躍する「コンセプトブランディング」
というタイトル(仮称)で、只今、本を執筆中です。

名も無き小さな存在でも、得意な分野で人や社会の
「困った」を解決してあげることが出来れば、
それは立派な仕事として社会参加出来ます。


と同時に、その分野の第一人者として活躍出来る事
にもつながります。

カネ無し、コネ無し、実績無しの無名で小さな存在
でも、今は大企業と同じステージで情報発信が出来る
時代になりました。

あなたの内在する価値の棚卸にじっくり取り組み、
あなたの持って生まれた特性をしっかり把握するのです。



活躍するステージに上るためには、それなりの力を
身に付けなければなりません。

絶対に「一発屋」で終わってはなりません。
長期安定的に、このステージに定着する必要が
有ります。「弱者」ほどです。


出来れば「一発屋」で終わっている芸人さんにも
是非読んで欲しい内容です(笑)。

きっと長期安定的に活躍できるステージに
上がるコツが会得出来ると思います。


これからの時代は弱者が生きていくのが非常に厳しい
時代になります。年齢に関係なく経済的な自立も
絶対に必要です。


アジアからの労働力が日本にも本格参入しますので、
これまでのような賃金体系は維持することが難しく
なるかも知れません。時給が下がる可能性は大いに
有ります。


ということは、人に雇われているうちは、
基本的にずっと貧困環境から抜け出せないかも
知れない。

安い賃金で、アジアの外国の人と同じ環境で
過酷な労働を強いられる可能性は大です。



だからこそ、「小規模起業」を目指す必要が有ります。



本業と併用すれば、複数の収入の道が出来、
過酷な労働環境を減らせる可能性も大いに出てきます。

これは副業という方法ですが、実績が本業を安定的に
しのげば、こちらを本業にすれば良いのです。


特に高齢者には福祉環境や年金が期待出来ない時代
となることも視野に入れ、自己防衛をしなければ
なりませんので、「自分年金」の環境作りには、
早急に準備する必要があると感じます。




こうした「弱小者」が社会で活躍する為の必須となる
「コアキーワード」は【あなたは何者なのか】です。


あなたという存在が、周りの人にとって、
何が出来て、どんなことをしている専門家なのか、
どの道のエキスパートなのか、何を熟知して
いる人なのか、どんな魅力ある体験を踏んで来て
いる人なのか、ということを示す必要が有ります。


そして、その人生体験や専門的な技術、知性を
あなたしか出来ない表現方法で分かり易く伝える
のです。


「あなたは何者か」
「あなたが表現すべきものは何」


これらが瞬時にズバッ!と出てくる人は、
1万人に一人位かも知れません。


小心者でも第一人者で活躍する「コンセプトブランディング」(仮称)
で、創出編から情報発信編まで、いくつかのステップ
で分かり易く、詳しく紹介しています。


一般公開まで、どうか楽しみにしていて下さい。

いいね: