夢の実現を妨げている心の要素 –  心の立て直し ライフレッスン ブログ – 心の立て直し セルフファシリテーション わく事務所 

もしあなたが、大小にかかわらず何らかの「夢」や
「目標」を持っていて、それがなかなか上手く実現
していかないなら、一度、次のことをやってみると
「真の原因」が分かるだろう。

つまり、「負のスパイラルから抜け出す方法」の
大切な方法の一つであり、これはあなたの
「夢の実現を妨げている心の要素」がどのような
ものなのか、あなた自身で確認することが出来る。



多くの人は「目で見える形」で表し、ハッキリと
「確認する」ことで、上手く行かない要素に、
「これではいけないな…」と、素直に心の反応が
起こる。

現実を見るのは、実は少々辛く痛いこともあるが、
何よりも、進めて行きたい未来へ、「手を打つ」事
が出来るのは、とても魅力的なことだ。

現実を見て、その心の痛みと引き換えにする価値は
充分にある。

負のスパイラルからなかなか抜け出せない人には、
こうした客観的に自分自身を捉えて、何を避け、
何を守るべきかの、「生き方スケール」が
きちんと仕上がっていないように感じる。


すごく哲学的なことだけれど、
劇的に変化を起こすには、実は守るべき保守的な要素
がしっかりとその行動の底辺に流れている必要がある。

そして、「変えたい」のであれば、
「変えない普遍的なもの」をしっかりと特定しなく
てはならない。

さらに言えば、その「保守的な部分」に
欠陥があれば、直ぐに元に戻ってしまう。


実はこれらの3つのことは、ハーバード大学の
ロナルド・ハイフェッツ教授がケネディー大学の
授業で説いていたことなのだ。

あなた自身の中にある、それまであまり意識を
しなかった自身への価値を、客観的に整理整頓して
みると、「変えるべきこと」と「守るべきこと」の
二つがきっと観えて来るだろう。

理想の自分をより現実的なものにするためには、
次の一人ワークショップを、カフェでゆっくりと
時間をかけてやってみよう。

1、ノートに、あなたの夢の実現を妨げている
「自分には出来ないな」という思い込みを、
3~10個書いてみよう。
例:お金が無い、技能が無い、持続性が無い…等々。

2、どんな信念を持てば、理想の人生を手にする
ことが出来るのだろうか?持ちたいと思っている
新しい信念を3~5個書いてみよう。



3、1,2を眺め、「変えるべきもの」、
「新たに守るべき普遍的なもの」を、それぞれに
3個から5個考え、創出してみよう。

4、理想な人を見付けてみよう。そして、その人に
なったつもりで、2、3、の世界に照らし合わせ、
日々の言動や考え方を振舞ってみよう。

5、新たな目標を作り、今すぐ出来る小さな事から
コツコツと実践しよう。

壁に当たり、物事が上手く進まなくなったら、
自分にこう尋ねる。

「理想の自分なら、この場合どう判断するだろう?」
「目標とする○○さんなら、こういう状況で
 どのように振舞うだろうか?」

あなたの目標が「人に優しく出来る愛情深い人になる」
というものだったら、今からそういう人のように
振舞おう。



「本当に愛情溢れる人だったら、この場合
どのように振舞うのだろうか?」と自分に尋ねる。

理想の自分に近づけるのなら、どんな小さな事でも
やってみよう。既に目標を実現させている人のように
考え、言葉や、何気ない動作を振舞ってみよう。

こうした日々の何気ない小さな事を、コツコツと
積み上げることで、負のスパイラルから抜け出せる
チャンス、支援者、ヒントが次第に多くやって来る。

先ずは、自分自身のそれまでの「冴えないオーラ」を
一新する!、変える!という意思と決断、
そして日々の日常生活での行動に取り組もう。

いいね: