「豊かさ」と「お金」と「命のエネルギーカラー」

今回は最近起こった出来事から、「豊かさ」と「お金」
に対する考え方についてまずは触れてみたいと思います。

あなたは「豊かさ」とは何ですか?という質問を
されたら、どんな言葉やキーワードを思い浮かべるで
しょうか。

多くの人はおそらく「財産」、「お金」を先ず初めに
イメージするのではないかと思います。

本来、豊かさとは何でしょうか。

和久が考える豊かさとは、「時間」、「健康」、
「お金(財力)」、「人脈」、「精神性」、
「自己実現要素」、「生活環境」、「生きがい」、
「知性」、「物質性」等…でしょうか。



特に「お金」という世界に対して、多くの人は
とても関心を持つと感じます。

不思議なことに誰もが「お金」を得なければ、
この三次元の資本主義の世界では、生活が成り立た
ないにも関わらず、いざ、「お金」が入ってくる
チャンスが近づくと、それを避けようとする人たちは
意外と多いのです。

まるで、「お金」やそのチャンスが集まることを
悪い事のように考えてしまう。

おそらくこれは、その人が幼少期からの大人の世界や、
これまでの周囲の人々のお金にまつわるいろいろな
人間関係や言動からイメージが固まったと思います。

お金自体はただの紙切れや金属コインにしか過ぎない
のですが、実はお金は人の想念が乗っかっている
エネルギー体という、もう一つの側面を持っています。

悪い想念を沢山持っているお金に、沢山遭遇した人は
お金に対して良いイメージを持つことより、むしろ
ドロドロした人間の醜い欲望の世界を感じているの
かもしれません。



そして、お金と対面すると、その人の今の自分自身
に対するイメージや価値観もクローズアップされます。

お金に対して、ネガティブな感情を持つ人は、
自分自身へのダーク(影)な部分の「自己投影鏡」と
して、そのエネルギーを感じることがあります。

ちょうど、その人が人生変換の節目として、
自分に関係している人に不満やネガティブな感情を
持ったとき、それは自分自身が持っていた解決すべき
課題テーマをシャドー(影)として相手が映し出して
くれたという状態に似ています。

お金は人の想念が乗っかるエネルギーですから、
悪い想念を持って受け取ると、そのお金に同調して
同じような質を持つお金が次々集まってきます。

最近、その人の人生ステージを高めるチャンスがより
集まるのではないかなと感じ、ある人と一緒に仕事
を進めようと準備を進めていたのですが、報酬条件
の話に入った途端、その人は急に心が引いてしまい、
結局、実質的にこの話がストップしてしまう展開に
なっていましました。

その方にとっては、おそらく従来の仕事のやり方を
ブラッシュアップさせる必要もあり、いろいろな
プレッシャーを感じたのだと思います。

が、冷静に考えれば、大きな飛躍のチャンスでも
あったはずです。しかし、当の本人はお金の話に
どうも過敏に反応し、これを機会に、ものごとを
悪い方へと捉える反応のメールばかりを送って
来るようになってしまいました。

おそらく彼はお金に関して、ネガティブな感情を
持ち、その潜在意識下で幼少期からの悪い刷り込み
が起こっているような感じがしました。

「お金は悪だ、持ちすぎるとロクなことにはならない」と…。

しかし、実はそれは、彼自身の自己イメージの
投影でもあります。

自分自身に対しての自信の無さ。人と関わる怖さ。
自分の殻に閉じこもり、その殻を僅かに開けた世界
から人の様相をそっと物陰から覗き込むように観察
し、臆病ささえ感じるように人間関係を生きようとする。

時折強がる素振りを見せるものの、それは上辺の
ものであって、実際には、ありのままの自分を
そのまま自然体で堂々と出し、相手と真正面で
向き合うことに、何だか戸惑いを覚えている…。
そんな感じです。

彼の今の生命エネルギーのカラーは、その波長を
読み取ると、黒に近いグレーと、紫色が混じった
色合いです。時々オレンジがチラリと顔を覗かせます。

黒色は「他のエネルギーをシャットダウン」し、
「自分の世界を守る」という意味を持ちます。

紫色はメンタル部分に影響があるカラーです。
元々は精神性の高いカラーとされていますが、
強いストレスを持ち、精神面に混乱が起こったり、
安定感を欠いたりするとき、人間はこの色に無意識
に強い引力反応を起こすことがあります。

紫は過剰な霊的、精神不安定な状態になっている時に、
そのアンバランスさを調和するカラーでもあります。

オレンジは、これから前に進もうという心を表す色です。

グレーは黒と、白の融合カラー。
全ての色を少しずつ受け入れ、調和的な世界を
自ら取り込もうというスタートのカラーでもあります。

ちょうど、冒頭の「その人」は、これから
より自分自身の不安定さを少しずつ乗り越え、
壁を登り、一歩一歩理想の自分の姿へと近づく
ポイントに差し掛かっているのだと感じます。

「豊かさ」に関して、「お金」というものに対し、
今のように偏った考え方ではなく、もっと深く、
広く考え方を会得していって貰えたらいいなと
感じています。

本来はとても仕事面でも良い感性を持っておられる
ので、もう少し時間を置いて、またお声がけ出来る
機会がもしこれからあるようならと考えています。

そうそう…。
お金を使うときには「役に立ってくれてどうも
本当に有難う…。また、何倍にもなって帰って
来てね。」と感謝の気持ちを添えて相手に渡すと、
その相手も同じような幸せな気持ちを感じ、
その人からご縁が始まり、自分への所に再び
戻って来ます。

「お金」は「使う人の想念」が乗っかる。
このことを忘れず、思い出して使うように
してみてください。

お金は大切に使うことと、沢山集まる所に引き寄せ
られる性質を持ちます。

お金を決して邪魔者扱いや邪険に扱わず、
あなたの分身として丁寧に、感謝しながら
扱って見てください。

きっと「お金」だけではなく、その他の「豊かさ」の
「時間」、「健康」、「人脈」、「精神性」、
「自己実現要素」、「生活環境」、「生きがい」、
「知性」、「物質」等の形でも何倍にもなって
沢山返ってくると思います。

是非試してみてください。

いいね: